• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「孟子」尽心下から》書物を読んでも、批判の目を持たずそのすべてを信ずるならば、かえって書物を読まないほうがよい。