• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「こそ」は口調をよくするために添えたもの》あきれ果てて、全く好意が持てなくなる。