[名](スル)
  1. 外界の物事に触れて心に感じること。

    1. 「自己以外のものの生命の存在に―して以来」〈倉田愛と認識との出発

  1. 物事の雰囲気などからそれとなく受ける感じ。印象。「議案が通りそうな感触を得る」

  1. 手や肌に触れた感じ。手ざわり。肌ざわり。「カシミアの柔らかい感触」

出典:青空文庫

出典:gooニュース