• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

古代中国で、冬至から105日目に、火気を用いないで冷たい食事をしたこと。そのころは風雨が激しいので火災予防のためとも、また、一度火を断って新しい火で春を促すためともいう。 春》「―や壺の底なるししびしほ/虚子