• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

律令制で、戸籍・計帳に記載されていない者を官司が摘発して付載すること。課役を逃れる浮浪逃亡や偽籍への対策。→隠首 (おんしゅ) 

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉