• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「春秋左伝」宣公四年から》食物を指先につけてなめる。転じて、物事に手をつける。やりはじめる。「俳句に―・める」