[名](スル)《「呂氏春秋」審応覧・具備にある、宓子賤が二吏に字を書かせ、その肘 (ひじ) を掣 (ひ) いて妨げたという故事から》わきから干渉して人の自由な行動を妨げること。「掣肘を加える」
  • 「誰にも―せられることの無い身の上」〈鴎外

出典:青空文庫