• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

品詞の一。自立語活用がなく、先行する語や文節・文を受けて後続する語や文節・文に言いつづけ、それらのものの関係を示すはたらきをもつ語。順接(だからしたがって)・逆接(しかしけれども)・累加(またおよび)・選択(あるいはもしくは)などの種類がある。