• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

俗に、認知症の初期に見られる状態のこと。症状の現れ方にむらがあり、ある症状が時によって出たり出なかったり、ある能力は明らかに障害があるが他の能力は正常であったりする状態。例えば、記憶障害はあるのに話し方は常人と変わらないなど。→脳血管性認知症