• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

孟浩然「春暁」から》春の夜はまことに眠り心地がいいので、朝が来たことにも気付かず、つい寝過ごしてしまう。