1. 江戸時代、浮世絵版画を刊行する際、検閲済みのしるしとして版画にすられた、丸に「極」の字などの小さな印。

  1. 古筆などの鑑定のしるしとして、折り紙や極め札に押す印。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉

出典:青空文庫