[名]
  1. 表情や態度にあらわれる気分のよしあし。快・不快などの感情。気分。「―がよい」「―を損ねる」

  1. 人の意向や思わく。また、安否やようす。「―をうかがう」

  1. そしりきらうこと。嫌悪すること。

    1. 「時人の―をかへりみず、誓願の一志不退なれば」〈正法眼蔵・行持〉

  1. 時機。しおどき。

    1. 「病をうけ、子産み、死ぬることのみ―を計らず」〈徒然・一五五〉

[形動][文][ナリ](多く「御機嫌」の形で)気分がよいさま。愉快なさま。「だいぶお酒が入ってご―なようす」→御機嫌 (ごきげん) 
[補説]もと「譏嫌」と書き、そしりきらうの意。仏教で、他人の「譏嫌」を受けないようにする戒律「息世譏嫌戒」から出た語。のちに「機」が、気持ちに通じる意を生じてから用いられるようになった。

出典:gooニュース

出典:青空文庫