• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

温泉など鉱泉の水の化学的性質。かつては塩類 (えんるい) 、現在はイオンによる分類が用いられる。

[補説]温泉分析書などに使用する「掲示用泉質名」は、単純温泉二酸化炭素泉炭酸水素塩泉塩化物泉含沃素 (ようそ) 泉硫酸塩泉含鉄泉硫黄 (いおう) 泉酸性泉放射能泉の10種類とされている。

[地学/地球・自然]カテゴリの言葉