• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

葬送のとき、近親の人などが棺をのせた輿に付き添っていくこと。また、その人。

「―したる人、さのみ愁ひにも沈まず、跡取りらしき者も見えず」〈浮・一代女・三〉