[名](スル)遺体を葬るために墓所まで送ること。のべおくり。送葬。「葬送する行列」
[補説]書名別項。→葬送

平野啓一郎の長編小説。19世紀フランスを舞台に、音楽家ショパンと画家ドラクロワの交流を描く。第1部は平成12年(2000)と13年(2001)、いずれも雑誌「新潮」に掲載。単行本は平成14年(2002)、書き下ろしの第2部を加え2冊で刊行された。著者のデビュー作「日蝕」、続く「一月 (いちげつ) 物語」とあわせ、ロマンチック三部作と呼ばれる。

出典:青空文庫

出典:gooニュース