• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 乾くと消える明礬 (みょうばん) 水などで紙に字や絵をかいておき、火であぶるとそれが現れるようにしたもの。

  1. 「電子焙り出し」の略。→デジタルステガノグラフィー

[生活/その他]カテゴリの言葉