学問・思想を権力によって弾圧するための手段として、書物を焼き捨てること。

中国、明末の思想家李贄 (りし) の著書。6巻。1590年刊。人間にとって最も本来的なものとして童心を主張し、特異な人間肯定論を展開。