• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

李贄の解説 - 小学館 大辞泉

[1527~1602]中国、明末の思想家・文学者。泉州晋江(福建省)の人。号、卓吾。官を辞して著述に専念した。世俗の権威を否定し、封建倫理を批判したため逮捕され、獄中で自殺。小説や戯曲の価値を認め、「水滸伝」なども高く評価した。著「焚書」「蔵書」など。

[文学/外国の作家・文学者]カテゴリの言葉

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教などの人物]カテゴリの言葉

[宗教・思想/思想・哲学の人物]カテゴリの言葉