【お知らせ】メンテナンスのため、5/26(火)10時〜15時は閲覧履歴・ブックマーク機能がご利用いただけません。
あらかじめご了承ください。
[動ラ五(四)]《古くは「ねぶる」》
  1. 心身の動きが一時的に低下し、目を閉じて無意識の状態になる。「すやすやと―・る」

  1. 一時的に活動をやめた状態になる。利用されない状態のままである。「草木も―・る丑 (うし) 三つ時」「地下に―・る資源」

  1. 死ぬ。永眠する。「草葉の陰で―・っている」

  1. まぶたを閉じる。目をつぶる。

    1. 「目を―・って、何度もこの歌をうたう」〈芥川・偸盗〉

[可能]ねむれる
[用法]ねむる・[用法]ねる――「毎晩、よく眠る(寝る)」「ぐっすり眠った(寝た)」のように心身の働きが低下して意識的な活動がない状態をいうときには、相通じて用いられる。◇「眠る」は、体が眠った状態にあることに重点があり、必ずしも横になることを意味しない。「居眠り」のようにすわった状態でも立ったままでもよい。◇「寝る」は、「さあ、寝るか」「もう寝る時間ですよ」のように横になって眠る意がある。また、今眠っていなくても眠る習慣がある場合にも使う。「寝る子は育つ」「どこででもよく寝るなあ」◇「深い眠りから覚める」のように、「眠る」に対しては「覚める」が、また「治ってきたが、まだ寝たり起きたりだ」のように「寝る」に対しては「起きる」が対応する。

出典:gooニュース

出典:青空文庫