• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

放射線被曝が人体に及ぼす影響を分類する概念の一つ。放射線量がある閾値 (いきち) を超えた時に確実に症状が現れ、放射線量が高いほど症状が重くなるような影響を指す。脱毛、皮膚障害、白内障などの症状があり、細胞死に起因するものと考えられている。→確率的影響

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉