• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

事象Aまたは事象Bが起こる確率PAB)は、Aが起こる確率PA)とBが起こる確率PB)の和から、ABがともに起こる確率PAB)を引いたもので、PAB)=PA)+PB)-PAB)という式で表される。AB排反事象の場合は、Aが起こる確率とBが起こる確率の和で求められ、PAB)=PA)+PB)という式で表される。確率の和の法則。→確率の乗法定理

[数学/数学の言葉]カテゴリの言葉