• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

古筆切 (こひつぎれ) の一。小野道風筆と伝えられる。もとは継ぎ紙粘葉装 (でっちょうそう) 仕立てにし、見開き2ページに万葉集古今集などの歌1首の上の句・下の句をそれぞれ散らし書きにしたもの。平安時代の仮名として珍重される。三色紙の一。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉