• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

胸膜腔に貯留した液。通常は少量が胸膜の表面をうるおしているが、胸膜炎肺癌 (はいがん) 肝硬変などの際に増加する。

[医学/病気]カテゴリの言葉