• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「ほぞおち」の音変化か。古くは「ほそち」「ほそぢ」とも》

  1. ほぞおち1」に同じ。

    1. 「さもあらばあれ大和心し賢くは―につけてあらすばかりぞ」〈後拾遺・雑六〉

  1. (ふつう「熟瓜」と書く)よく熟した真桑瓜 (まくわうり) 。〈名義抄