• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[枕]

  1. 若草が柔らかくみずみずしいところから、「つま(妻・夫)」「新 (にひ) 」にかかる。

    1. 「―妻がりといはば足飾りせむ」〈・二三六一〉

    2. 「―新手枕 (にひたまくら) をまきそめて」〈・二五四二〉
  1. 心がひかれる、愛情をよせる意の「思ひつく」にかかる。

    1. 「―思ひ付きにし君が目に」〈・三二四八〉