• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ツツジ科の落葉小低木。高山に群生。茎に、枯れた葉柄の残りがうろこ状につき、地をはい、その先が上向いて、倒卵形の小さい葉が密につく。葉の裏面に縞模様がある。6月ごろ、壺形の黄白色の花が咲く。実は熟すと黒紫色。くまこけもも。

[生物/植物名]カテゴリの言葉