• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ちょっと触ったばかりで、銭 (ぜに) 三百文の損をすること。なまじっか関わり合ったばかりに損害を受けることのたとえ。さわり三百目。