[名・形動]《「ら」は接尾語》
  1. 利口そうに振る舞うこと。物知りぶること。また、そのさま。かしこだて。「賢しらをする」「賢しらに口を出す」

  1. 自ら進んですること。また、そのさま。

    1. 「大君のつかはさなくに―に行きし荒雄 (あらを) ら沖に袖ふる」〈・三八六〇〉

  1. よけいな世話を焼くこと。出しゃばること。おせっかい。

    1. 「―する親ありて…この女をほかへ追ひやらむとす」〈伊勢・四〇〉

  1. さし出口をきくこと。讒言 (ざんげん) 。

    1. 「この御堂の北南に移り住めば、ある―する者出で来て」〈栄花・玉の台〉