• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[動マ五(四)]赤みを帯びる。赤みがさす。赤らむ。
  • 「―・んだ日影の色に目をとめた」〈三重吉・桑の実〉