• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「晋書」石勒載記上から。急に鳴りだす雷には耳をふさぐ間もないの意》事態が急に変わったので、対処する時間がないことのたとえ。疾雷 (しつらい) 耳を掩うに暇あらず。