• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 這って中にはいること。

    1. 「ともし火の消えて、―に暗ければ」〈かげろふ・下〉

  1. 門の入り口。はいり口。

    1. 「妹が家の―に立てる青柳に今やなくらむ鶯の声」〈後撰・春上〉