[動バ五(四)]

  1. 多くの中から目的や基準にかなうものを取り出す。選択する。よる。えらむ。「贈り物を―・ぶ」「すぐれた作品を―・ぶ」「フォアボールを―・ぶ」

  1. 抜き出してその職に任ずる。選び出す。「議長に―・ばれる」

  1. (あとに打消しの語を伴って用いる)区別する。えり好みする。「目的のためには手段を―・ばない」

  1. (「撰ぶ」とも書く)著作を集めて書物を作る。撰する。「歌集を―・ぶ」

[可能]えらべる

出典:gooニュース

出典:青空文庫