[動バ五(四)]

  1. 多くの中から目的基準にかなうものを取り出す。選択する。よる。えらむ。「贈り物を—・ぶ」「すぐれた作品を—・ぶ」「フォアボールを—・ぶ」

  1. 抜き出してその職に任ずる。選び出す。「議長に—・ばれる」

  1. (あとに打消しの語を伴って用いる)区別する。えり好みする。「目的のためには手段を—・ばない」

  1. (「撰ぶ」とも書く)著作を集めて書物を作る。撰する。「歌集を—・ぶ」

[可能]えらべる

出典:青空文庫

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。