接ぎ木法の一。接ぎ穂か台木の一方を鞍形 (くらがた) にそぎ、他方を楔形 (くさびがた) に切って、その切断面を互いに密着結合させる。