• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[動マ四]
  1. 口などがゆがむ。

    1. 「口―・むも知らず」〈宇津保・忠こそ〉

  1. べそをかく。泣き顔になる。

    1. 「背きぬる世の去りがたきやうに、自ら―・み御覧ぜられ給ふ」〈・夕顔〉

[動マ下二]ひそ(顰)める」の文語形。