《他の語の下に付いて複合語をつくるときは、一般に「だか」となる》

  1. 数量・金額などを合計したもの。収穫量や知行 (ちぎょう) の額、また金銭の総額など。「生産高」「石 (こく) 高」「現在高」

    1. 「持ち出した資本の―迄話した」〈漱石

  1. 基準となる額に比べて高値であること。「五円高の相場」

  1. 程度の高いこと。また、限度・限界。

    1. ㋐物事のゆきつくところ。つまるところ。

      「死ぬるを―の死出の山」〈浄・曽根崎

    2. ㋑せいぜいのところ。→高 (たか) が

      「二、三年は稽古だの何だのと何にもならねえ。十両が―だ」〈洒・通神蔵〉

  1. 物事の要点や、あらまし。大略。

    1. 「―をさへのみこめば、その上は時の才覚」〈浄・娥歌かるた〉

  1. 名詞・動詞の上に付いて複合語をつくる。

    1. ㋐形や位置が高い意を表す。「高殿」「高照らす」

    2. ㋑音声が大きい意を表す。「高笑い」「高話」「高鳴る」

    3. ㋒りっぱだという意のほめことばとして用いる。「高知る」「高敷く」