manufacturing automation protocol》生産を自動化するための工場ネットワークの通信制御手順。工場内のすべてのコンピューターやロボットなどを通信ネットワークで結び、設計から製造、搬出までを一元的に管理する総合生産システムを構築するための通信規格として、米国のゼネラルモーターズ社が1980年に提唱。関係企業に呼びかけ、規格の統一を目指したが、結局実現にはいたらなかった。

Military Assistance Program》米国の軍事援助計画。相互安全保障法(MSA)協定に基づき、相手国に軍需品を無償供与する計画。

microtubule associated protein》⇒微小管結合蛋白質