部首
(くち・くちへん)
画数
14(部首内画数:11)
種別
-
漢検の級
準1級
音読み
ショウジョウ
訓読み
めるこころみるかつ

意味

①なめる。あじわう。「嘗味」「嘗胆」 ②こころみる。ためす。「嘗試」 ③かつて。過去の経験を表す助字。 ④新しくとれた穀物を神に供える祭り。「新嘗祭(にいなめサイ)」

嘗の解説 - 小学館 大辞泉

人名用漢字] [音]ショウ(シャウ)(漢) ジョウ(ジャウ)(呉) [訓]なめる かつて

  1. 味をみる。なめる。「臥薪嘗胆 (がしんしょうたん) 

  1. 試してみる。「嘗試

  1. 秋、新穀を神に供える祭。「大嘗祭 (だいじょうさい) 

[補説]「甞」は異体字。

[名のり]ふる

[難読]大嘗 (おおにえ) の祭神嘗祭 (かんなめさい) 新嘗祭 (にいなめさい)