• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

毎年秋、天皇が新穀でつくった神酒と神饌 (しんせん) 伊勢神宮に奉る祭儀。古くは、陰暦9月17日、明治12年(1879)以降は10月17日に行われるようになった。もと、国祭日。かんなめのまつり。かんにえのまつり。しんじょうさい。 秋》