• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

兵庫県北部、豊岡市の神鍋山(標高469メートル)山腹にある高原。東西4キロメートル、南北3キロメートル。標高200~300メートルの溶岩と火山灰からなる。冬季はスキー場、夏季はキャンプ場としてにぎわう。氷ノ山 (ひょうのせん) 後山 (うしろやま) 那岐 (なぎ) 山国定公園に属する。

[地理/日本地名/近畿]カテゴリの言葉

出典:gooニュース