• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《神の鎮座する山の意。「かむなびやま」とも》

奈良県高市郡明日香村にある三諸山 (みもろやま) の異称。[歌枕]
    1. 「三諸の―に五百枝 (いほえ) さし」〈・三二四〉

奈良県生駒郡斑鳩 (いかるが) 町にある三室山 (みむろやま) の異称。紅葉、時雨の名所。[歌枕]
    1. 「秋ごとに―のもみぢ葉はたれが手向けの錦なるらん」〈玉葉集・秋下〉

[地理/日本地名/近畿]カテゴリの言葉