• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

天皇が即位後初めて行う新嘗 (にいなめ) 祭。その年の新穀を天皇が天照大神 (あまてらすおおみかみ) および天神地祇に供え、自らも食する、一代一度の大祭。祭場を東西2か所に設け、東を悠紀 (ゆき) 、西を主基 (すき) と称し、神に奉る新穀をあらかじめ卜定 (ぼくじょう) しておいた国々の斎田から召した。おおなめまつり。おおにえのまつり。だいじょう。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

出典:gooニュース