ウォラストンの解説 - 小学館 大辞泉

[1766~1828]英国の化学者・物理学者。白金鉱石の分析を通して新元素パラジウムロジウムを発見。また、可鍛性 (かたんせい) 白金の製法を考案し、極細の白金線(ウォラストン線)の作成に成功するなど、多岐にわたる業績をあげた。