グリューネワルトの解説 - 小学館 大辞泉

[1470ころ~1528]ドイツの画家。ゴシックの伝統とルネサンスの新要素とが拮抗 (きっこう) する、表現主義的な画風で知られる。作「イーゼンハイム祭壇画」など。グリューネバルト。

[美術・音楽/西洋の美術作家]カテゴリの言葉