• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ジョリオキュリーの解説 - 小学館 大辞泉

(Jean Frédéric ~)[1900~1958]フランスの物理学者。パリ出身。キュリー夫妻の長女イレーヌと結婚し、協力して研究を進め、ポロニウムα (アルファ) 線を用いて人工放射能を発見。1935年夫妻でノーベル化学賞受賞。第二次大戦中はナチスへの抵抗運動に参加、戦後は世界平和評議会(WCP)議長などを務めた。
(Irène ~)[1897~1956]フランスの物理学者。キュリー夫妻の娘で、の妻。1935年「人工放射性元素の研究」で夫フレデリックとともにノーベル化学賞受賞。

[物理・化学/物理・化学の人物]カテゴリの言葉