• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ヒエロニムスの解説 - 小学館 大辞泉

[340ころ~420]キリスト教の教父。古代西方教会の聖書学者。教皇秘書などを歴任後、ベツレヘムで修道院の指導にあたるかたわら、聖書のラテン語訳「ウルガタ」や聖書注解などを著した。