• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

伊能忠敬の解説 - 小学館 大辞泉

[1745~1818]江戸中期の地理学者・測量家。上総 (かずさ) の人。高橋至時 (たかはしよしとき) に天文暦学を学ぶ。蝦夷 (えぞ) 、のちに全国の実地測量を行い、日本最初の実測地図を作製。著「大日本沿海輿地全図」「輿地実測録」など。

伊能忠敬の解説 - SOCKETS人物データベース

その他
出生地
上総国山辺郡小関村(現・千葉県山武郡九十九里町小関)
生年月日
1745年2月11日 みずがめ座
没年月日
1818年5月17日(享年73歳)