• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

木食応其の解説 - 小学館 大辞泉

[1536~1608]安土桃山時代の真言宗の僧。近江 (おうみ) の人。字 (あざな) は順良。初め武士であったが、高野山で出家し、木の実を食して肉・野菜・米穀を常用しない木食戒を修行。豊臣秀吉の高野山攻略の際に和議を結び、その帰依を受けて高野山を再興した。連歌にもすぐれ、著「無言抄」がある。