• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

木食明満の解説 - 小学館 大辞泉

[1718~1810]江戸後期の僧。甲斐の人。45歳で木食戒を受けて守った。千体仏造像を発願して全国を遊行、素朴で円満な相の木彫仏を多く残す。木食五行。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教などの人物]カテゴリの言葉

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉