• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

椀久の解説 - 小学館 大辞泉

椀屋久右衛門の略称。大坂御堂前の豪商で、新町の遊女松山と愛し合い、豪遊の果てに座敷牢へ入れられ、延宝5年(1677)狂死したという。歌舞伎・浄瑠璃・音曲などに登場する。