高木兼寛の解説 - 小学館 大辞泉

[1849~1920]衛生学者。日向の人。海軍軍医総監。日本初の医学博士。有志共立東京病院(東京慈恵会医大病院の前身)を設立したほか、海軍の食事を麦飯に替えて脚気 (かっけ) の防止に努めた。